本文へスキップ

土・水・温泉のコンサルタント大泉開発株式会社

FAQ こんなときはFAQ

 温泉関連
◎温泉所有者の皆様へ

・温泉の埋戻しについて(可燃性天然ガスが発生する温泉井戸埋戻し方法)
 「平成27年3月 環境省自然環境局」より公表されました。
  従来の埋戻し方法と異なりますので、新しい工法により工事費用も加算されることから
  予め計画・検討が必要になります。

主体となる埋戻し方法です。
①取水部の遮水
②異径管箇所の遮水
③地上部GL-30m区間遮水
④事前・事後の可燃性ガス測定 およそ49箇所×事前・事後=98箇所

※詳しくは環境省のHP参照願います。

Sボーリング掘削関連
◎浅井戸・深井戸の水質・湧出量について
  地下水は地層の影響を受けるため深度の浅い井戸は水質に影響が及びやすいです。深い井戸であれば比較的浅い深度の影響は受けずらい事となります。(但しセメンチング遮水等を施していなければ深い井戸でも影響を受ける可能性はあります。)
 深い深度からの取水で100%飲用出来る様な地層も存在しますが、各地域により地層のもっている帯水層の水質に少なからず影響を受けます。従って深い深度でも水質の良し悪しがあるので必ずしも深い井戸だからといって飲用可能な水が得られるものではありません。
出来るだけ近隣周辺のデータ収集を行い、使用目的に添うように水量・温度・水質等を想定し井戸仕様を決めていきます。地下は目で見えないものであるため、少しでも距離が離れると既存と同仕様にしても満足できない結果になる可能性も
ありますので何卒ご理解して頂けますようお願い申し上げます。

 弊社では青森県内の井戸ボーリング業務を数多く施工しておりますので、県内の既存井のデータ・情報量は他社と比較しても多いです。昨今も青森県内の地層・地質データマッピングにデータ製作に至り情報提供をしております。
 実際は地質情報を得るために調査ボーリングが前提となりますが、調査ボーリングの前の事前検討等に使用されています。このようなデータを有効活用することにより施主様の経費削減にも繋がっていきますので、今後ともデータ製作作業にも力を注いでいく所存です。
◎井戸掘削前に前に調べておく箇所について(施工編)
 井戸掘削において井戸芯真上付近に障害物がないかご確認下さい。ヤグラの高さ・及びボーリングマシンの高さにより据付出来ない場合がございます。
また電線等ある場合は電線ケーブル保護等も必要になってきます。

・井戸芯ポイント付近に埋設物の確認。電線・水道管・ガス・NTT光ケーブル等々の埋設確認。誤って破損・切断させると被害及び補償問題にも関わってくるのでご注意願います。
井戸掘削・ピット工事の他、井戸の送水管布設も同様に配管布設ラインも事前確認が必要となります。

F 配管の詰まりを洗浄しましょう。(エアー洗浄・水洗浄)                                                          (温泉・井戸成分で配管スケールで詰まり水量が少なくなってきている。)
◎弊社では薬品を使用せずエアーによる洗浄を行っております。
 薬品を使用するとどうしても排水処理(PH)管理が必要になります。薬品洗浄後にニオイが残る場合もあることからコストの安い・作業日程も早いエアー洗浄をお奨めします。
 また、配管内清掃する場合は先端にジェットノズルを取付け直接高圧水を噴射させて除去することも可能です。(口径にもよる)
薬品を利用せずに安全かつ効率的な洗浄方法をお奨めします。

L 井戸・温泉のカメラ調査・温度・比抵抗調査
◎管内に水中TVカメラを挿入し直視・側視方向を撮影可能です。挿入深度は1100mまで・口径は125A以上で可能です。井戸の内視鏡です☆
※100A管内にスケールが張り付いていると接触し挿入・引上げが困難になることから。カメラによる観察は100A以上の口径となります。125A以上は井戸中心位置を保持するためセントラライザを口径に合わせて取り付けています。
弊社保有カメラ(カラー撮影、直視・側視切替式)
   小型カメラ機 測定深度およそ320m 最大外径90㎜
   トラック搭載型    〃  1100m 最大外径85㎜
 
〇孔内温度及び比抵抗測定はおよそ深度2000mまで測定可能。口径は100A内可能です。
 ゾンデ本体最大外径は約φ78㎜となっております。
 

◎水中ポンプの販売及び故障・オーバーホール
各種水中ポンプ販売しています。川本製作所・グルンドフォスポンプ・おかもとポンプ・鶴見製作所・エバラポンプetc
オーバーホールに関しても分解・点検を実施した後に交換可能かどうか判断いたします。
また、水中ポンプは通常井戸内に挿入されており引上げしない限り目視確認出来ないことから、定期的に水中ポンプを引上げポンプ状態を確認することをお奨めします。
地下水は有効資源かつ省エネコストにおいても、太陽光発電(ソーラー)・風力・ガス等を比較しても一番コスト削減効果があります。水中ポンプが故障し予備ポンプ等あらかじめ用意していない場合、施設使用等にも多大な影響を及ぼすことにもなり兼ねませんので、予備ポンプの購入計画を推奨いたします。
※水中ポンプのみでなく、ラインポンプ、自吸ポンプ、タービンポンプ、定圧給水ポンプ等各種ポンプも販売しています。

◎配管の部材販売・交換
消雪配管部材で特に初雪時の2~3日後に注文が殺到いたします。従って修理作業の人出不足等によりお客様の日程に合わせられない場合がございますのでご了承願います。
雪が降ってから消雪運転を行うと、バルブ故障・配管ひび割れ等がその時なって分かるので、予め計画的に雪の降る前の秋口から試運転を行ってみるのも1つの案です。
また配管詰まり等も水質によってあり得るので、配管部品の更新と共に配管清掃もセットで行うと作業コストも抑えられます。

◎井戸コストについて
◎いわゆる1mあたりのコストはとよく聞かれますが、これについては井戸仕様により
①掘削口径、掘削深度
②井戸ケーシングの材質
③取水管の選定(スリット加工・巻線型スクリーン)
④揚水試験・揚湯試験
⑤水質分析試験(各分析項目で費用が異なる)
 等々で費用が異なりますので一概にm単価を安易に回答出来ませんのでご理解頂けますようにお願い申し上げます。

また、掘削時に泥水循環にて掘削を行いますが、掘削泥水は産廃処分管理となります。
「産業廃棄物管理票(マニフェスト)」とは
 廃棄物の処理が適正に実施されたかどうか確認するために作成する書類です。
 排出事業者には、マニフェストを作成して「委託した産業廃棄物が適正に処理されたか否か」を確認する義務が課せられています。

井戸工事価格にも汚泥処理費用がが含まれています。従って井戸工事価格も加算される仕組みとなっておりますのでご理解お願いいたします。
井戸工事価格があまりにも安い場合は汚泥処理が適切に価格に反映されていない場合がありますので、工事を契約される際は事前に汚泥処理・処分先も一緒に問い合わせをしておきましょう。(建設汚泥の分類になります)

◎受水槽等の清掃を定期的に行いましょう。
◎水用・お湯用・源泉用等ありますが定期的に清掃を行いましょう。
受水槽を清掃しないと、水中ポンプを動作させる電極棒にゴミが付着し誤動作の原因となります。
いつもより電気料金が高いと感じた場合は、電極誤動作でポンプが停止にならないで連続運転状態により電気料金が高くなる事が原因です。
また、ボールタップの故障で気づかないうちに水を大量に使用してしまった件も多数報告あります。
受水槽の清掃と器具関係の劣化状況も確認・交換して、不備による唐突な追加料金を発生させないようにしましょう。

◎冬季間における配管凍結になった場合
◎解氷器具を使用します。
宅内の場合は現場に到着するまでの間お部屋を暖かくして待機するようにお願いいたします。また、配管が破れて徐々に水が噴き出る場合もございますので、屋外の水道メーター及び凍結配管付近の水抜き栓を予め閉めておくようにお願いいたします。

◎水中ポンプを使用して電気料金が異常に高いと思った場合は
◎水中ポンプのON/OFF運転の誤動作の原因
 ・電極誤動作の確認。(井戸内/制御盤/受水槽)
 ・ピット内配管・埋設配管・地上部配管漏水の可能性。
 ・圧力タンクの誤動作(圧力スイッチ・安全弁及び給排気弁)
  圧力タンクの槽内空気バランスくるう場合があるので月1回は圧力タンク内の水を排水させましょう。
 ・揚水管が劣化・漏水の可能性。
 ・水中ポンプの能力低下により揚程が足りず圧力タンク運転を停止出来ない可能性。
 ・受水槽ボールタップ故障による供給過多の可能性
 ・その他配管バルブ故障等

 毎日の確認は、井戸制御盤の電流/電圧値及び運転タイミングの目視。
 圧力タンクはON/OFFを圧力計にて確認。
 電気料金は毎月の平均電機使用量を記録する。

水質分析・温泉中分析・可燃性ガス測定・レジオネラ属菌分析について
各種分析機関に持ち込み分析依頼します。
尚、採水箇所の配管ライン・採水方法、採水に必要なポンプ・バルブ等々細かい点ございますので、弊社にて採水して分析機関に持ち込みます。分析依頼者様は弊社担当者へ分析したい項目及び採水箇所等詳細にお伝えください。
※1.水質検査用簡易式パックテスト等(鉄・マンガン)は現場にてその場で簡易測定出来ますので弊社担当者へお知らせください。およその水質結果がその場で測定出来ます。
 その他保有測定機器:残留塩素測定器、PH測定器、電気伝導度測定器、酸素濃度測定器等

※2.試験分析期間(参考です)
   1般11項目+鉄+マンガン 約14日以内
   飲用52項目 約3週間
   温泉中分析 約1ヶ月
   レジオネラ属菌 約10日

大泉開発株式会社

本社
〒038-0024
青森県青森市浪館前田
四丁目10番25号
TEL 017-781-6111
FAX 017-781-6070

鶴田事業本部
〒038-3503
青森県北津軽郡鶴田町
大字鶴田字相原87-1

TEL 0173-22-3335
FAX 0173-22-3341

土質試験研究所
同鶴田事業本部隣接

弘前営業所
青森県弘前市大字川合
字浅田27-1
TEL 0172-27-3635
FAX 0172-28-0652